ブログを無料で作りたい!前編

ブログを無料で作りたい


更新遅くなりました。

今日からまた頑張っていきます!

 

さて今日のお題は「ウェブサイトの作成を無料で達成」でございます。

ただし無料なりのデメリットもあるので併せてご確認ください。

 

こんな方にお勧めの記事です

  • 無料ブログは・・やっぱり自分のドメインが欲しい
  • お金をかけたくない
  • ワードプレスを体験してみたい

 

ちなみに、テスト用に出来上がったサイトがこれです!

この記事を手順通り進めるとこんな骨組みが出来上がります。

https://adsense-free-get.tk/

(90日間25アクセスがないと消滅します・・・)

 

全体の流れ

サイト作成までに必要な手順は大きく分けると次の2つです

固有ドメインの取得

ドメインは、全世界で統一管理されている自分だけのサイトの名前です。

例えばGoogleなら以下の赤枠Google.comがドメイン名になります

f:id:ruruthian:20191007232818p:plain

 

その管理はレジストラと呼ばれる管理委託会社に年会費を払い代理登録するのが一般的です。

ここでは無料のレジストラ(Freenom)を利用します。

 無料ドメインを習得する前に取得することのデメリットを確認ください。

 

 ・独自の制限がある(TKドメインのみ確認) 

管理する機関は以下の国が対応先になり、その制限はその国が独自に決定できます。無料の場合この変更に異議は唱えられません。

  管理国 制限
.TKドメイン トケラウ国 連続90日で25回の訪問無しでドメイン消失
.MLドメイン マリ共和国 特になし
.GAドメイン ガボン国 特になし
.CFドメイン 中央アフリカ共和国 特になし
.GQドメイン 赤道ギニア国 特になし

 

 

・制限や運営方針はいきなり変更になる可能性がある

ある日突然、独自制限の変更や有料化・規制化が行われサイトの運営が出来なくなる恐れがあります。

 

DNSSECは全て非対応(2019/10/7時点)

DNSSECが非対応で起こる最大の問題が自サイトの成りすましです。自サイトに訪問したユーザーが偽サイトに飛ばされる可能性があります。

極端な話、偽サイト(自サイトと同じURL)が犯罪サイトとして悪用されると、犯罪の嫌疑がかかる恐れがあります。また管理国が日本ではないため国際犯罪に発展することも考えられます。

 

・無料で取れる事自体のデメリット

取得のしやすさからサイトの質を低くみられる場合があります。

正確な判定基準は公表していないため確証的なことは言えませんが、GoogleAdsenseは承認されないようです。

 

・更新可能期間の短さ

更新できるのは契約切れ前の15日間のみです。

うっかり忘れるとサイトは消滅します。

例えば2019/9/20に12か月契約をした場合、契約を更新できるのは2020/9/5~9/20の15日間だけ可能です。

 

・管理のレベル

無料だからといって、とりあえず作っておく事は危険です。海外の会社に管理を任せるためセキュリティレベルは未知です。ずさんな管理のレジストラも存在しているのが実情のためドメインを乗っ取られる可能性も・・・

そして一番狙われやすいのが取るだけ取って管理を放棄されたドメインです。

(これの防御策としてTKドメインの制限を利用しています)

 

レンタルサーバーの取得

独自ドメインを取得しただけではサイトは作れません。実際にサイトを作成する場所(サーバー)が必要になります。様々な方法がありますが個人ではレンタルサーバーを利用するのが一般的です。

ここでは無料のレンタルサーバー(XRAE)を利用します。

手順説明

具体的な手順を説明していきます。

サーバー契約とドメイン契約を行っていくのですがお互いの契約にお互いの情報が必要となるため一度に完了できません。以下の手順を一例としてご利用ください。

 

Valueドメインアカウント設定(前半)

 

1.Valueドメインのサイトにアクセスしアカウントを作成します

https://www.value-domain.com/

f:id:ruruthian:20191008032202p:plain

 

2.お支払い情報選択画面

スキップ可能です。(今回は無料サービスのみを利用するため)

支払いスキップ

 

3.ユーザー情報入力画面

内容はいつでも変更可能ですが、トラブル時の問い合わせの際

本人確認として使用する可能性もあるので正しく入力したほうが良いでしょう

f:id:ruruthian:20191008032826p:plain

 

4.メール認証画面

必須です

メール認証

 

5.XREAサーバーのアカウントを作成します

前ステップ完了時にいる画面から作成できますが、閉じてしまった場合等は再度Valueドメインのサイトにアクセスしマイページを開いてください。

https://www.value-domain.com/

 

6.Valueドメインコントロールパネル画面

下記図の遷移でXREAのアカウントを作成できます。

また作成時には携帯電話もしくは固定電話等によるSMS認証が求められます。

XREAアカウント作成

 

7.Valueドメインコントロールパネル画面(サーバー契約後)

アカウント作成が完了すると以下のような画面が表示されます。

このレンタルサーバーIPアドレス(150.95.9.229)とレンタルサーバー名(s1009.xrea.com)はランダムで決定されますので人により異なります。何度か求められる箇所が出てくるのでメモしておくと便利です。

コンパネアカウント作成後

 Valueドメイン(XREAサーバー)関連の設定を続ける前に独自ドメインを取得する必要があります。


 

Freenomアカウント設定

 

8.Freenomサイトにアクセスしドメインを取得します

https://www.freenom.com/ja/index.html?lang=ja

 

9.登録したいドメイン名を決定

下記に入力します(他に利用している人が居ない場合はその名前で取得可能)

f:id:ruruthian:20191007214258p:plain

 

10.末尾の名前(トップレベルドメイン)を決定

 今回は.tkを取りました(理由はデメリット/管理レベルを参照)

f:id:ruruthian:20191007214723p:plain

11.ドメインの詳細設定

サーバーを変更したい時など後から変更も可能です。

ネームサーバー:

    自由に選択できますがここではFreenomの無料ネームサーバーを選択しています。

HostName:

    いま取得したドメイン名を入力します。(例:adsense-free-get.tk)

IP Address:

    契約したサーバーのIPアドレスを入力します。(例:150.95.9.229)

Period:

    契約期間(12か月まで無料)です

f:id:ruruthian:20191008043216p:plain

 

ちょっと分けます

 

続く・・・